ビジョン百科

Vision Encyclopedia

急成長するベンチャー企業は、ここが違う。

株式会社エヌリンクス 代表取締役社長

栗林 憲介さま

ネットメディア/サービスの運営、そして、BtoCに特化した営業アウトソーシング業務など、コンシューマ向けサービスの総合企業。「ウェブ」と「リアル」の両輪で、急成長を遂げる。

最高のウェブ×リアル カンパニーを創造する

創業からわずか8期で、社員数約750名にまで急成長されたエヌリンクスさん。差別化戦略を織り込んだビジョンや、ベンチャー企業らしからぬ緻密な研修制度・採用戦略について、お話を伺いました。

podcastで視聴する

ウェブとリアル。どっちも得意な会社なんて、 そうそうありません。

「ウェブ」領域の会社に勤めていた双子の弟が、副社長。「リアル」の会社で営業をしていた私が、社長。2010年に起業し、やがて今のビジョンに辿り着きました。インターネットビジネスの会社は、エンジニア中心の組織のため、営業力が弱かったりする。反対に、ひと対ひとの対面営業ビジネスの会社は、ネット領域のリテラシーが足りなかったりする。当社は、両方を兼ね備えたハイブリッド企業として、他社と差別化を図り、成長していきたい。ビジョンに込めたのは、そうした想いです。わかりやすい実践例としては、家探しサービスがあります。「イエプラ」は、チャットで物件探しができるサービス。「家AGENT」は、リアルな店舗で物件探しするサービス。セットでお部屋探しのお手伝いをしているわけです。

営業力を身につければ、いろんな夢が描けるんです。

ビジネスで最も必要なスキルは営業力。よって、キャリアはまず営業からスタートします。研修にあたって、根性論は一切持ち込みません。営業を科学します。どういうことかというと、営業の流れをプロセスごとに分解し、その要素ごとにきちんと、マニュアルに沿って教えていくのです。営業の原理原則から、細かいところまで、丁寧に。その後、選べるキャリアは様々です。リアルのフィールドで、そのまま営業の道を究める。あるいは、ウェブのゲームアプリや、新規事業の「イエプラ」にチャレンジする。主任以上になれば、新規事業立ち上げのプレゼンもできる。子会社設立のプレゼンもできる。やる気を持ち続けてもらうため、柔軟なキャリア制度を用意しています。

ベンチャー志向で、素直なひとがいいですね。

現在、正社員数は600名。ウェブが100名。営業が500名。採用人数はというと、新卒と中途が100名ずつ。これだけの規模の採用ですが、ほぼ内製化しています。求人広告のメディア、紹介会社、ダイレクトリクルーティング、リファラルリクルーティング。あらゆる手法を駆使しています。面接で重視するのは、真面目で素直な人かどうか。営業を科学した研修制度には、自信がある。だから、それをきっちり勉強してくれそうな人を採用したいのです。それと、もうひとつ。「走り続ける、変わり続ける そして愉しみを創りだす」という経営理念に共感してくれる人だといいですね。安定や大手を志向する人よりも、成長意欲の高い人、新しいことにチャレンジしたい人、起業したい人、大歓迎です。