ビジョン百科

Vision Encyclopedia

実現性の高いウェブプロモーションで、販促・営業活動の効率化を実現!

株式会社ロックビル 代表取締役

岩村 亮一

ウェブ制作、ウェブマーケティング、ウェブコンサルティングの3つのサービスを提供。現在では、DTP制作や動画制作も加え、サービス領域を広げ、お客さまの売上貢献ができるサービスのみを提供するのが信条。

お客様と苦楽を共にし、共に成長していく企業となる

「お客さまの目標達成を実現する」ことに全力で取り組むロックビルさん。ウェブ制作は、作って納品することで終了ではなく、納品後の運用結果がすべてだと言いきります。そんな考えに至った経緯から、求める人物像などをお伺いしました。

podcastで視聴する

Web制作は作って終わりではなく、“スタート”

弊社の特徴にもなってくるのですが、弊社のメインサービスがお客さまの顧客獲得であったり、売上アップを実現していくサービスの提供です。一般的にウェブ制作会社さんは作って納品することがビジネスですが、私たちは作ったものを納品してからがスタートです。納品後の情報を解析してより効果を高めていくための施策を提案していきます。状況を正確に把握し、PDCAを回し続けることで状況が改善され、お客さまのビジネスワークを支援していきます。そもそも、この仕組みで自社のビジネスを展開していますので、自社で実験をし、最先端の運用ノウハウをウェブ制作と共に納品していきます。私は20歳で起業をし、インターネット通販事業を行なっていたのですが、ウェブマーケティングやページ作り、売れるバナーをどう作るかなど、散々迷い、様々悩んだ背景があり、そこから無形のサービスを提供できるようになりたいという想いが今の形になったのだと思います。

受け身でもなく、攻めでもない。お客さまに“寄り添う”

弊社では納品後というのが「実際の勝負」だと考えています。いきなり成功することは「なかなか無い」というのが現実。そこで状況を把握してより良くしていくための改善プランを提供していく。弊社では解析の精度を上げていくところに、特に力を入れて取り組んでいます。次々と新しいマーケティングツールが出てきて、それらを積極的に取り入れていく。そうすることで私たちの施策自体も、精度が高まっていく。お客さまに対し、より早く、良い状況に改善できるのではないかと思って取り組んでいます。おそらく多くの会社は、お客さまからの依頼を待っていること多いと思います。しかし私たちが選ばれているのは費用対効果だと思っていますので、費用をかけて頂いた分だけ還元していく。そこができないと弊社は、もう発注してもらえないというのを肝に銘じていますので、そこには特に気を使っているところですね。どんどん様変わりしていくようなものをご提供しています。

「お客様と苦楽を共にし、共に成長して」いける人材が、求める人材

IT系、ウェブ系の仕事に就きたいと考えている人は、自分がどういう方向で成長していきたいのかを考えて、企業選びをして頂いた方が良いと思います。働く企業によって身に付くスキルが違って来ます。そのスキルによって進むべき方向はある程度決まってきてしまうと思います。弊社で言えば、ビジョンと繋がって来るのですが、お客さまと一緒に寄り添った仕事、それをしたくないという方には向いていないでしょう。お客さまと一緒に寄り添った仕事をし、自分も成長していきたいという方は弊社にはまりやすいと思いますね。ですからお客さまとのコミュニケーションを取ることも必要になりますし、結果が出なくて辛い思いもするでしょう。しかし、その辛い結果も、何故そうなったかっという理由があるので、それを分析して、お客さまにフィードバックできるような前向きな方、楽しんで働ける方を求めています。