ビジョン百科

Vision Encyclopedia

ゴールはない、ものづくりの上流を担い続けるアイメックス株式会社

アイメックス株式会社 代表取締役社長

五十嵐 康雄

ものづくりの会社。ナノテクと呼ばれる技術でセラミックや化粧品などの原料を粉砕する機械の製造をしています。ものづくりのプロセスでも上流に位置する原料加工の機械製造のメーカー。ストローをカットするプラスチック製品の押出成形の機械も自社で製造。

業界トップクラスの技術力と対応力を持ちお客様にとって必要不可欠な存在であり続ける

1950年に創業し、五十嵐製作所から五十嵐製造株式会社、そして現在に至るアイメックス株式会社へと名前を変え長い社歴を歩んできたものつくり会社。創業当時は機械部品加工の商売でしたが、1963年にメーカーとしての一歩をスタート。3代目である五十嵐社長に、ものづくりに込める想いをお伺いしました。

podcastで視聴する

お客様にとって必要であり続ける会社を目指して

メーカーとして、お客様から常に必要であり続けるにはどうしたらよいか。技術力はもちろん、それと同じくらい大切なことが対応力。サービス業のようなおもてなしの心やサービスを通じて、お客様の満足度を追求しています。いいものを作って終わり、ではなく、その先にどんなものが作られるのか、お客様の本当の満足を常に考えて、対応することが大事と考えています。

機械加工からメーカーへの転身

創業時の機械加工からメーカーへ転身した時も、お客様からの要望をカタチにするために新技術へ挑戦しました。現在の新商品開発においても、大切なことは変わりません。お客様の声に耳を傾け、新しいことに自ら手を挙げ挑戦する。その繰り返しが今のアイメックスをつくってきたのです。

経験よりも勢いのある若年層

掲げているビジョンの実現に最も必要なこと。それは、人の採用だと考えています。営業職をはじめ、機械設計、研究開発など多くのポジションで採用を行っています。最近では機械設計などの技術職の採用にも積極的に取り組んでいますね。その中でも特に力を入れているのが若年層の採用。専門知識や経験も必要ですが、それよりも大事なことは"素直さ"であると考えています。知識や経験は入ってから充分に習得できるので、まずはそれを吸収し、自分で咀嚼できる素直さが最も大事ではないでしょうか。素直さがある方なら、3~5年で一人前になれる環境です。